本サイトの目的

 令和3年4月21日、「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」(令和3年法律第25号)が成立しました(同月28日公布)。

 この法律は、所有者不明土地の増加等の社会経済情勢の変化に鑑み、所有者不明土地の「発生の予防」の観点から、相続等によって土地の所有権を取得した者が、法務大臣の承認を受けてその土地の所有権を国庫に帰属させる制度(相続土地国庫帰属制度)を創設するものです。

 施行期日は公布後2年以内の政令で定める日とされています。

 相続土地国庫帰属制度は所有者不明土地の発生予防のために非常に重要な役割を果たしていくと思わる一方で、要件や手続の面で厳格・難解・煩雑なところがあります。

 以上を踏まえ、本サイトでは、以下に掲げる目的のために、相続土地国庫帰属制度をわかりやすく解説していきたいと思います。

 ①この制度を利用したいと考える一般の方への知識・情報の提供すること。

 ②この制度の利用をサポーしたいと考える法律専門家への知識・情報・ノウハウの提供すること。

 ③国庫帰属承認事例集を作成し、施行から5年後に行われる見直しの議論に提言を行うこと。

 少しでもお役に立てる情報提供ができるよう最大限尽力したく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

令和3年8月6日

弁護士 荒井達也

タイトルとURLをコピーしました