制度の解説

【2022年版】知らないと損する!売れない土地を手放す方法5選【いらない土地(山林・農地・宅地)あげます!】

いらない土地(農地・山林)をあげたい!知らないと損をする売れない土地の手放し方を弁護士が解説!弁護士による初回30分無料相談も受付中!
制度の解説

【2022年版】相続土地国庫帰属制度とは?相続土地国庫帰属法とは?いらない土地を国に返す制度?【来年4月開始!】

2021年4月、相続土地国庫帰属制度ができました!  2021年4月、いらない土地を手放したいと考える方のニーズにこたえるために、相続土地国庫帰属制度が創設されました。  制度の利用開始は2023年(令和5年)4月からです。 ...
制度の解説

土地が危険な持ち物である3つの理由【土地のリスクと法的責任とは?】

はじめに  今日、土地は資産ではなく、取扱いが難しい負動産といわれる時代になりました。  例えば、お子さんに手に負えない土地を残してしまうと、お子さん達には次のような問題が生じます。  ・相続紛争(負動産の押し付け合い)...
制度の解説

相続土地国庫帰属法は原野商法の救世主になるか?

はじめに  1960年代から1980年代に全盛を迎えた原野商法。  近年、被害者になった世代及びその子ども世代が相続に直面し、原野商法で買わされた土地を手放したいという相談が非常に増えています。  今回は2023年4月か...
参考情報

負担金等の政令案への意見書

はじめに  先日、相続土地国庫帰属制度の負担金の額などを定める政令案を紹介させていただきました。 >【速報】原則20万で土地を国に?相続土地国庫帰属法政令案がついに公表!【弁護士が徹底解説】  こちらはの政令案はパ...
制度の解説

【解決事例2】相続人が30名の負動産を遺産分割調停で解決したケース(前編)

解決事例の概要 土地の情報とある地方の宅地土地取得の経緯故人の親戚が故人の土地に住宅を建てて住んでいたところ、故人が亡くなった。故人には子どもがいなかったため、兄弟が相続人になった。故人の兄弟は多数存在し、姪・甥も少なくなかった。そ...
解決事例

【解決事例1】地籍調査で判明した相続土地を相続放棄により手放した事例

解決事例の概要 土地の情報島根県の山林・ため池土地取得の経緯入会林野のように地元の村人約20名が共有していたところ、依頼者が相続人に。不動産登記は表題部のみで土地の登記名義人については依頼者は知らない。相続関係についても複雑で依頼者...
制度の解説

【速報】原則20万で土地を国に?相続土地国庫帰属法政令案がついに公表!【弁護士が徹底解説】

はじめに  2022年8月4日、相続土地国庫帰属法の政令案が公表され、国民の意見を聴くためのパブリックコメントの手続に入りました。  この政令案は、①国庫帰属の承認をすることができない土地の要件や②負担金の算定方法等を定めるた...
制度の解説

相続した土地のお隣さんに土地を買ってもらうための手紙の文案

お隣さんに土地を引き取ってもらうための手紙  「隣の土地は借金をしてでも買え」という格言があるくらいですから、売却が難しい土地でも、意外とお隣さんが購入してくださることがあります。  ただ、実際に、どうやって買い取りをお願いし...
制度の解説

相続した土地のお隣さんの調べ方

お隣さんへの調べ方  この記事では、相続して使わない土地をお隣さんに引き取ってもらいたいと考える方向けに、相続した土地のお隣さんの調べ方を解説したいと思います。  まず、お隣さんが誰かが分からないという方向けに、お隣さんが誰か...
参考情報

相続農地を放棄するための最初の一歩【非農地証明とは何か?】

相続した農地を手放したいと思った時に最初にすべきこと 「親から相続した農地(田や畑)があるけど、見たことも行ったこともないし、手放したい!」 こういったご相談は非常に多いのですが、農地は法律上取扱いが非常に難しいため、相続した...
質問回答コーナー

【Q&A】相続土地国庫帰属制度は開始直後に申請した方がよい?

結論:相続土地国庫帰属制度は開始直後に申請するのがオススメ!  相続土地国庫帰属制度は開始直後に申請することをオススメします(あくまでも私見ですが。もちろん、例外もあります)。  この記事では、どうして制度開始直後がよいか?そ...
タイトルとURLをコピーしました